Fxの人気会社はどこ?

Fxの人気会社はどこ?

Fxの人気会社はどこ?

fxにはリスクが付き物です。

 

 

だからこそ、投資家のリスク許容量やその度合いの見極めが求められるのですが、
その前の段階のリスク管理として使うfx口座の選択があります。

 

fxは日本で始まってからまだ歴史が浅い金融商品ですが、
その中でもさらに気をつけたいのがfx会社それぞれの信頼度です。

 

会社として組織されているところだから大丈夫。

 

と日本人はどうも危機意識が少ないのですが、fx会社もたくさんありますし、
一応は法律上の決まるの上で成り立っている会社なのですが、
その実情や内部のことについては、実際に取引するなどして試すしかわかりません。

 

 

それぞれの会社は、個人投資家をよりたくさん口座を開設してもらい、
たくさん取引してもらうことで、その手数料で利益をあげるのです。

 

ここでいうfx会社がとっている手数料とは、スプレッドのことです。

 

 

fx会社は、会社ですから営利を求める組織です。
その会社のチャートツールや取引システム、情報などを利用するのに
準備されたシステムを作るのには、それはそれはお金がかかりますよね。

 

だから、そのシステムを作った費用や会社そのものの運営や人件費などを稼ぐ必要があります。

 

 

fx取引は、手数料無料と書かれていますが、実際は売値と買値の差額である
スプレッドで支払っているようなものなんですね。

 

これは手数料無料と書いているのに、卑怯とかそういうことではなく、当たり前のことです。

 

 

むしろ、堂々と手数料取ります。

 

 

と書いたっていいと思うのですが、
投資家としては取引手数料という経費が少なくなるほうがありがたいですし、
そういう言葉の営業に弱いのであのように書かれているんですよね。

 

特に、短期トレードを主体とする人が多いので、スキャルパーなどにとっては
スプレッドの違いは大きな利益変動の要因ともなります。

 

ドル円のスプレッドが2銭の会社と1銭の会社とでは、一見すると1銭の違いにしか見えませんが、
実際の取引では、買う・売るときの新規注文時の1銭の差と決済注文(反対売買)するときの
1銭のレートが違うので、利益も損失にも2銭もの差が出ることになります。

 

 

ですから、個人トレーダーとしては、できるだけスプレッドが小さい方が良い。

 

と思うのは当然の傾向ですよね。しかし、このスプレッドも宣伝のページには小さく書かれていても、
実際にトレードするときには、広がってしまうことがあります。

 

広告サイトを良く見てみるとわかるのですが、ドル円の場合は、原則固定スプレッド。

 

と書かれているのに対し、ポンドなどの値動きが激しいものに至っては、
市場変動によっては広がることがあります。とわざわざ注意書きしていることがあるのです。

 

このように、スプレッドは、単に見た目だけで選んでも実際にはそうでないこともあります。
これもfx会社の信頼度に関わってくることでしょう。

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ